腰痛を改善するための知識を得よう~ラクラク腰の悩み解消~

医者

大腸の病気の治療

先生

大腸の病気には、腸炎や潰瘍性大腸炎、大腸がんなどがある。最近は大腸の病気が増えており、大腸がんは死亡率が第1位のがんになっている。潰瘍性大腸炎などの大腸の病気は、消化器内科の病院で治療を受けることができる。

Read More...

腸腰筋の仕組みと予防

女性医者

仕組みに基づく予防

腰痛は、一生のうちでほとんどの人が、一度は経験すると言われているほど、身近な症状です。そのうちでも、いちばん多いとされているのが、筋筋膜性腰痛という疾患になります。筋筋膜性腰痛は、実施されることが多いレントゲン検査を行っても、異常は検出されない疾患です。それにも関わらず、起き上がることが困難になるほど、強い痛みを呈することがあります。この筋筋膜性腰痛の原因は、筋肉が炎症を起こすことです。人間が活動するためには、腰は支点となる部位であるために、負荷が大きいことが特徴です。この大きな負荷を担ってくれているのが、腰の筋肉になります。しかし、この大切な腰の筋肉の仕組みは、それほど理解されていません。 したがって今後は、腰の筋肉の仕組みの理解に基づく筋筋膜性腰痛の予防が、広がると予測されます。

屈曲させた作業

そのような、筋筋膜性腰痛の予防に役立つ筋肉の仕組みとして、忘れてはならないのが腸腰筋です。腸腰筋は、腰椎の前面から骨盤と股関節を結ぶ筋肉で、腰痛との関連が深い筋肉になります。しかし、腸腰筋が位置する場所が、外から触れることが難しいために、馴染みの薄い筋肉なのです。腸腰筋の役割は、いくつかあるのですが、その一つに腰椎を伸展させる役割があります。腰椎の伸展は、脊柱起立筋をはじめとした、腰痛に関わる筋肉への負荷をとても増やします。そのため、腸腰筋の収縮を少なくすることは、筋筋膜性腰痛の予防にとても役立つのです。腸腰筋は、股関節を屈曲させると、収縮が少なくなります。したがって、筋筋膜性腰痛を予防するには、股関節を屈曲させて作業することが有効です。

受診する患者さん

病室

世田谷区にはいろいろな内科があります。それぞれ特徴を持っているので、実際に行ってみるといいでしょう。病院によっては診察の事前の予約もできたりするので、少しでも待ち時間もなくしてみるといいでしょう。そうすることで、より効率的な方法で待つことができます。

Read More...

がんと聞いて怖がらない

女の人

がんという病気は怖い病気の一つではありますが自覚症状に関する知識があれば早期発見が可能です。また、がん細胞の発見方法は進歩していて、咽頭がんなどのがん細胞以外の部分を傷つけると危険ながんであってもその範囲を正確に特定できるようになり、がんという病気が怖くなくなるかもしれません。

Read More...