腰痛を改善するための知識を得よう~ラクラク腰の悩み解消~

先生

がんと聞いて怖がらない

女の人

早期発見が大切

一般的にはがんは怖い病気です。現在の日本人の死亡原因の第一位は、がんとなっています。しかしこのがんという病気は早期発見をすることができ適切な処置をとることで完璧に治すことが可能な病気になっています。例えば咽頭がんというがんは発見が遅れると命の危険があります。しかし咽頭がんは自覚症状が多く、声がかすれてしまう、呼吸のしにくさ、食べ物が飲み込みにくくなるなどがあります。ここで紹介した咽頭がんの他のがんでも、自覚症状に関する知識があれば早期発見することでがんによる死亡率を激減することができるがんのほうが多いです。また、自覚症状や違和感を感じた時、がんが無いことの確認になっても良いので病院に相談に行くことが大切です。

新しくなるがんの発見方法

最新の研究では体内にがん細胞があるかどうかの判断がより簡単に行えるようになり、血液が一滴あればたった3分間の調査で体内のがん細胞の有無が判別することが可能になりつつあります。また、体内にがん細胞があったと判明した時に、がん化した細胞はほかの細胞と異なる部分が多く、特殊な薬品をかけることでがん細胞のみを光らせることが可能で、例えば咽頭がんの場合だと声帯などの大切な器官が数多くある場所にできたがんを摘出しようとする場合にがん化した部分のみを光らせることが可能になれば、傷つけてはならない部分を傷つけずにがん細胞のみを摘出することが可能になりつつあります。まだこれらの技術は研究の段階ですが完成すればがんという病気が怖い病気ではなくなるかもしれません。