腰痛を改善するための知識を得よう~ラクラク腰の悩み解消~

先生

大腸の病気の治療

先生

消化器内科のメリット

大腸の病気には腸炎や潰瘍性大腸炎、大腸がんなどがある。近年になって大腸の病気は増えており、特に大腸がんは死亡する人が最も多いがんになっている。大腸の病気は消化器内科の病院で治療を受けることができる。消化器内科は食道や胃、小腸や大腸などの消化器系の病気の治療を専門に行っている診療科目である。消化器内科では消化器の専門医による治療が受けられ、潰瘍性大腸炎などを完治させることができる。消化器内科では、潰瘍性大腸炎などの大腸の病気を予防や早期治療が可能である。健康診断の検便などで大腸に異常があると診断された時には、最寄りの消化器内科に行くと大腸の精密検査が受けられる。消化器内科では内視鏡を使った検査や治療も行われている。

大腸の病気の特徴

大腸の病気の中で潰瘍性大腸炎は、何らかの原因によって大腸の粘膜に潰瘍ができる症状である。潰瘍性大腸炎になる原因は現代医学でも明らかにされておらず、原因究明のための研究が行われている。潰瘍性大腸炎は放置しておくと大腸がんになるリスクもあるので、早めに消化器内科の病院で治療を受けることが必要になる。潰瘍性大腸炎の主な症状は、下痢や血便である。下痢が続いて便に血が混ざっている場合は、潰瘍性大腸炎を患っている可能性が高い。潰瘍性大腸炎の特徴は、慢性化しやすいことである。病気の慢性化を防ぐためには、早期発見と早期治療が大切になる。便を検査することによって、潰瘍性大腸炎を患っているか否かがわかるため、健康診断で検便をすることが早期発見につながる。